人文

良心をもたない人たち

今回のレビュー書籍紹介

マーサ・スタウト

良心をもたない人たち
  • レビュー項目 :
  • 読みやすさ  :x点
  • 為になる   :x点
  • 何度も読みたい:x点
  • 面白さ    :x点
  • 心揺さぶる  :x点
Amazon.co.jp
良心をもたない人たちとは…

良心とはなんだろう。今まで持っていて当たり前だと思われていた“良心”。それを全く持たない人が人口の四%、二五人に一人の確率で存在する。他者への思いやりが絶対的に欠落し、手段を選ばずに自分の欲望を満たそうとする人たち。サイコパスと呼ばれる彼らの被害者にならないために、実例を用いながらその見分け方と対処法を学ぶ。そして改めて良心について考えを深めていく一冊。

スポンサードリンク

良心をもたない人たちを知った経緯

良心をもたない人たち-レビュー
良心をもたない人たちの採点レビューはあちら↓↓↓

良心をもたない人たちを知ったのは、確か『サイコパス』という映画を観た後に、レビューをあさっていた時だと思う。ブログ内で紹介されていたこの本はAmazonの異常心理学・催眠術ランキング1位だった。

その時は異常心理学という言葉と、催眠術といういかにも怪しい言葉にビビり読もうと思わなかった。

しかし、とあるきっかけでこの本を手に取り読むことになるのだが、その話はまたあとで。

良心をもたない人たちの関連作品

良心をもたない人たちを検索すると、こんな作品も一緒に出てくるよ。

基本的に対人関係で苦しんでいる人向けの対処法の本が多いです。

それにしても、草思社は「〇〇の人たち」というタイトルが好きなんですなぁ〜。

スポンサードリンク

良心をもたない人たちは何ランキング1位?

大喜利コーナー。良心をもたない人たちを個人的1位に挙げるなら、それは…

第1位!

サイコパスの理解を深める本

野口明人
野口明人
周りにいる理解不能な人が実はサイコパスかもしれない。それを認識するために必要な本。おめでとう、ランキング1位!

たったひとつだけおすすめするならこの名言

沢山紹介する事も出来る。しかし、たったひとつ。たったひとつだけ紹介するならこれだ。

死刑執行の直前、ブラディ・バブズは「善い人たちって、いつも自分が正しいと思ってるのね」と言い残した。

p.136

いや〜、これを読んだ時、ゾゾゾっとした。

え?もっと知りたい?

スポンサードリンク

まとめはこちら

良心をもたない人たちというマーサ・スタウトが書いた本を知ったのは何について調べている時だったろう。誰かのブログの中で紹介されていて、飛んだリンク先のAmazonで…

実は、この記事はあくまでもサクッとレビューをするページだよ!ガッツリとレビューを見たい場合は、ここへアクセス!!無料で観られる動画や漫画や小説などのコンテンツ紹介などもあるよ。探してみてね。

良心をもたない人たちの採点レビュー

良心をもたない人たち ¥ 821
  • 81%
    読みやすさ - 81%
  • 86%
    為になる - 86%
  • 77%
    何度も読みたい - 77%
  • 82%
    面白さ - 82%
  • 91%
    心揺さぶる - 91%
83.4%

レビューまとめ

モンスター上司や、どうしても話が通じないご近所さん、はたまたグループの和を乱すPTA役員などなど、どこにでも存在しうるサイコパス。しかしそれを認識できずに、自分の感覚がおかしいのかもしれないと悩んでいる人は是非この本に目を通してみて欲しい。

Sending
User Review
0 (0 votes)
ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で10年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。