Audibleすげー!
小説

若きウェルテルの悩み

今回のレビュー書籍紹介

ゲーテ

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)
  • レビュー項目 :
  • 読みやすさ  :x点
  • 為になる   :x点
  • 何度も読みたい:x点
  • 面白さ    :x点
  • 心揺さぶる  :x点
Amazon.co.jp
若きウェルテルの悩みとは…

過去のいざこざから新しい地に赴いたウェルテルはロッテという女性に出逢い心惹かれる。しかしロッテにはアルベルトという婚約者がおり、ウェルテルから見てもアルベルトは素晴らしい人間だった。心機一転、役所に勤めロッテへの思いを断ち切ろうとするが上司と上手く行かず挫折する。再びロッテの元に戻ったウェルテルだったが、知らぬ間に結婚していた二人とその冷たい態度にウェルテルの心は更に落ちこみ、ある事件をきっかけに一つの決心をするのだった。

スポンサードリンク

若きウェルテルの悩みを知った経緯

若きウェルテルの悩み-レビュー
若きウェルテルの悩みの採点レビューはあちら↓↓↓

湊かなえの『告白』という作品の中に出てくる若い先生の名前が良輝だった。彼はその名前から、ウェルテルって呼んでくれよな!って爽やかな感じだったけど、僕がその時に思ったのは、中学生でゲーテ読むヤツいるの?だった。

ってか、若きウェルテルの悩みを知っている中学生っているの?って感じだった。

うん。文学少年でも何でもなかった僕にとって、夏目漱石の作品を3つ言えるだけでスゲーやつだな!お前!って感じだったし、本を読んでいるクラスの同級生は宇宙人のように思えるぐらい別世界の話だった。

そんな文学とは縁のなかった僕がまさか、一冊の本に感化されて文学部に進むとは。大学で文学を専攻したのもあって、ゲーテも読んでみないとな…って事で、湊かなえの『告白』きっかけで若きウェルテルの悩みを読んでみる事にしたのです。

若きウェルテルの悩みの関連作品

若きウェルテルの悩みを検索すると、こんな作品も一緒に出てくるよ。やっぱりゲーテって言ったらファウストのイメージが強いよなぁ…。ファウストもいずれ読まないといけないよなぁ…。

また似たような作品としてアンドレ・ジッドの『狭き門』やトルストイの『アンナ・カレーニナ』もおすすめされていたよ。ジッドは名前をよく聞くけど、何も読んだことない。トルストイは大学時代にアホほど買い込んで本棚にしまってある…。

ちなみに、全然似てはいないけど、トルストイなら『光あるうち光の中を歩め』はすごーく面白いよ。薄くてすぐに読めるのに、心に受ける衝撃が大きかった。

スポンサードリンク

若きウェルテルの悩みは何ランキング1位?

大喜利コーナー。若きウェルテルの悩みを個人的1位に挙げるなら、それは…

第1位!

哀しい結末!

野口明人
野口明人
この結末は社会現象になった程な作品です。おめでとう、ランキング1位!

たったひとつだけおすすめするならこの曲・名言

沢山紹介する事も出来る。しかし、たったひとつ。たったひとつだけ紹介するならこれだ。

なんでも優良な血統の馬があって、駆りたてられて激して苦しくなると、本能的に自分の血管を咬みやぶって、呼吸を楽にする、という話をきいたことがある。ときどき私も自分の血管を開きたい。そして永遠の自由をかちえたい。

いや〜、ウェルテルの苦悩が染み込んだ名言だねぇ…。

え?もっと知りたい?

スポンサードリンク

まとめはこちら

若きウェルテルの悩みという小説が湊かなえの『告白』という小説の中に出てきたので、気になって読んでみる事にした。ゲーテと言えばドイツの詩人でファウストが有名だ…

実は、この記事はあくまでもサクッとレビューをするページだよ!ガッツリとレビューを見たい場合は、ここへアクセス!!無料で観られる動画や漫画や小説などのコンテンツ紹介などもあるよ。探してみてね。

若きウェルテルの悩みの採点レビュー

若きウェルテルの悩み ¥ 583
  • 69%
    読みやすさ - 69%
  • 72%
    為になる - 72%
  • 78%
    何度も読みたい - 78%
  • 79%
    面白さ - 79%
  • 87%
    心揺さぶる - 87%
77%

レビューまとめ

最初はなんとなくハッピーな雰囲気を醸し出していたウェルテルが徐々に落ち込んでいき、救いようもないほど深い闇に飲まれていく。その姿に胸が痛くなる。共感できるかどうかは別として、上手くいかない恋愛程心のやり場がないものはないよなぁ…とマジマジと感じさせる。書簡形式なので好みは出るかもしれないが、さすがゲーテと言いたくなる心理描写がちらほら見える。ただ、翻訳作品なので、どの翻訳を選ぶかで読みやすさも変わってくると思う。色々と読んでみたけどバランスがいいのは竹山道雄訳かなぁ…。

Sending
User Review
0 (0 votes)
ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で10年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。