Audibleすげー!
小説

麦の海に沈む果実

今回のレビュー書籍紹介

恩田 陸

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
  • レビュー項目 :
  • 読みやすさ  :x点
  • 為になる   :x点
  • 何度も読みたい:x点
  • 面白さ    :x点
  • 心揺さぶる  :x点
Amazon.co.jp
麦の海に沈む果実とは…

三月の国と呼ばれる中高一貫教育の全寮制の学園。三月以外の転入生は破滅をもたらすと言われているが、理瀬が来たのは二月の最後の日。そしてそんな嫌な噂通り閉ざされた学園から生徒が一人、また一人と消えていく。一体理瀬は何者なのか。そして理瀬が迷い込んだ三月の国の秘密とは…。恩田陸が送る長編ミステリー。

スポンサードリンク

麦の海に沈む果実を知った経緯

麦の海に沈む果実-レビュー
麦の海に沈む果実の採点レビューはあちら↓↓↓

恩田陸の作品をひたすら読むという企画を自分で勝手にやっていて、第10番目の作品だったというのもあったが、実際はこの作品に限っていえば、大学生の時に恩田陸が吉川英治文学新人賞を受賞して注目されており、生協に山積みされていた。

恩田陸は読んだことないなぁ…なんて思って、表紙に惹かれ購入していたらしい。この歳になるまで買った事も忘れて本棚に眠っているのを発見した。

改めて読んでみたがこの作品は今までの恩田陸を濃縮還元したような作品だ。混ざりっ気がなく濃い恩田陸の世界観。正直言えば最初に読むのはオススメしない。恩田陸を好きになってから読んだ方が面白い系の作品だと思う。

ま、なんだかんだで僕も10冊目に読んだわけで、実際に初見にコレを読んだわけじゃないから何とも言えないけどね。これを最初に読んでいたらと想像する事しか出来ないけど、このタイミング(10冊目)で読んで良かったと思うな。

すごく没頭できたし、ラストのモヤモヤも、恩田陸っぽさとして捉えられる耐性ついているし。とにかく作品全体を通して流れる不穏な空気感がタマラン!!

麦の海に沈む果実の関連作品

麦の海に沈む果実を検索すると、こんな作品も一緒に出てくるよ。

そもそも『麦の海に沈む果実』は『三月は深き紅の淵を』に出てくる理瀬という女の子の物語を長編小説化したものなんだよね!そして同じく理瀬シリーズとして『黄昏の百合の骨』がある。

『黒と茶の幻想』は今回の作品『麦の海に沈む果実』に登場する憂理という女の子のキャラをピックアップした作品。黒と茶というキーワードも今回の作品を読んでいると気になってくるワードなんじゃないかな。

そもそも『三月は深き紅の淵を』は四章節にわけられた短編小説集なんだけど、その第一章「待っている人々」を広げて作ったのが『黒と茶の幻想』で第四章「回転木馬」を広げて作ったのが『麦の海に沈む果実』だね。

説明しにくいけど、『三月は深き紅の淵を』の小説は、中でも「三月は深き紅の淵を」という作品の話をしていて、それも四章仕立てになっているんだ。「第一章 黒と茶の幻想」「第二章 冬の湖」「第三章 アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「第四章 鳩笛」って具合にね。

で、黒と茶の幻想って使われているでしょう?恩田陸の世界観は架空の設定をどんどん深く追求していくって所が面白いよね。たまにあるでしょう?テレビドラマの中でテレビドラマがやっているみたいな。そしてそれが実際に僕らが見ているTV番組として放送されるみたいな。

アニメでもげんしけんってあったけど、その中でくじびきアンバランスっていう同人作品作っていて、実際にアニメとして放送されたもんね。

そういう感じで小説の中で小説の話をしていて、実際にその小説を作品として発表しちゃうみたいな。そういうのってその世界観が好きな人にはタマラナイよね。

スポンサードリンク

麦の海に沈む果実は何ランキング1位?

大喜利コーナー。麦の海に沈む果実を個人的1位に挙げるなら、それは…

第1位!

何とも言えない閉鎖感

野口明人
野口明人
説明しにくいですが、作品全体を通して息苦しい…。なんでだろ。でも、そんな息苦しさが魅力的な作品だと言うことです。おめでとう、ランキング1位!

たったひとつだけおすすめするならこの名言

沢山紹介する事も出来る。しかし、たったひとつ。たったひとつだけ紹介するならこれだ。

男は恋人に裏切られたと思うから恋人を刺すのよ。女は恋人を取られたと思うから新しい女を刺すの

いや〜、名言だね!しびれるぅぅ!

え?もっと知りたい?

スポンサードリンク

まとめはこちら

麦の海に沈む果実を読み終えて、恩田陸の作品だけを読みはじめてちょうど10作品目になりました。発表年順に恩田陸をひたすら読んで感想を書くという企画を勝手に自分の…

実は、この記事はあくまでもサクッとレビューをするページだよ!ガッツリとレビューを見たい場合は、ここへアクセス!!無料で観られる動画や漫画や小説などのコンテンツ紹介などもあるよ。探してみてね。

麦の海に沈む果実の採点レビュー

麦の海に沈む果実 ¥ 771
  • 78%
    読みやすさ - 78%
  • 64%
    為になる - 64%
  • 87%
    何度も読みたい - 87%
  • 88%
    面白さ - 88%
  • 81%
    心揺さぶる - 81%
79.6%

レビューまとめ

恩田陸をはじめて読む人にはなかなか勧めにくい長編小説。恩田陸がぎゅっと詰まっているのだけれど、アクが強すぎて好き嫌いがはっきりわかれてしまいそう。でも好きな人にはたまらなく好きな作品であるはず。それは理瀬シリーズとして続編が出ている事からも伺える。恩田陸の3冊目ぐらいに読むとちょうどいいかも知れない。

Sending
User Review
0 (0 votes)
ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で10年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。